2013年02月17日

抜群の言葉選び

ひとよし春風マラソンで時間にして30秒足らずでしょうか、レース中にお話させてもらいました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


第二折り返しが過ぎた辺りで私の前には素敵な女性ランナーがおりました。それはそれは軽やかな足取りで全く力みを感じさせず走っておられました。それは、美しくも静かに、また力強く淀みなく流れる球磨川が河川敷をかけ上がって私の前を流れているかのようでした。

格好いい女性だなぁと小さな後ろ姿に見とれていました。その頃の私はミゾオチあたりの痛みに耐えかねジリジリとペースを落としている所でその小さな背中は一層小さくなっていきました。名残惜しい気持ちになりましたが気持ちとはウラハラにあがらぬ、ペース、上がらぬ脚。無念。付いていくことは叶いそうにありませんでした。

付いていくことは出来ずとも球磨川の精霊のごときランナーに心のなかでエールを送ろう。

と思った少し前からでした。ブツブツ何事か呟いている呪文呟き系ランナーが後ろに現れていました。精霊に呪文。すごいファンタジーな大会だ。

ファンタジーなら鈍重な芋虫の足取りの私を呪文で甦らせてほしかったね。蝶のように舞い蜂のように刺す走りに。


苦しみながら走っていると呪文呟き系ランナーが私にもわかる言葉を投げ掛けてきた。


『やーーっと追い付いた』


呪文呟き系ランナーはなんと



福士加代子 選手でした。マジでビビったよ(笑)


やっと追い付いたって(笑)
貴方ような一流選手が私みたいなへなちょこランナーに言う呼び掛けフレーズじゃないから(笑)福士選手の言葉選びが秀逸です。センス有り杉(笑)


ビックリしたーーーと言う私に

『あ、この赤白帽子のこと?』

違う違う(笑)
確かに小学生の運動会みたいな変な(笑)帽子を貴方は被ってる。だけどそれじゃないって(笑)貴方がそんなに気さくに話しかけてくれたことにビックリしたの(笑)

と、少しだけ談笑させてもらったのち
呪文呟き系ランナーは次の獲物を求めてぴゅーーーーんと走っていきなった(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
posted by ごぼう at 23:43| Comment(0) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【取り合えず】ひとよし春風マラソン【結果だけ】

うーーーーん…。
うーーーーーーん(;´д`)

マラソンは難しいね。

手元の時計で

1時間33分58秒

正式タイムは記録証の不具合で未だに判らずです。


うーーーーーーん、
うーーーーーーーん(;´д`)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

posted by ごぼう at 13:59| Comment(0) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。